Stationery Crip

文房具好きの一人・・・

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コジマ ノ ペン (竹軸硝子ペン)

2006-09-16-Sat-01:11
CIMG4256.jpg

前回エントリの硝子ペンのペン先と一緒にいただいた、竹軸の硝子ペンです。
CIMG4258.jpg

↑この「コジマノペン」が品名ではないかと・・・(笑)
CIMG4257.jpg

なんと「簿記細字用」って書いてあります。前回エントリのコメントにて
教えていただいたのですが、昔は常用されていたようですね。
ボールペンとかは、まだいきわたっていなかったのか・・・
でも、硝子ペンをインク瓶につけて、経理担当の方とか、事務員さんは
それが硝子ペンであることをどのように感じながら使われていたの
かちょっと、想像したり考えてみたり・・・
(でも、たいした想像できないんですけどね・・・)
インクが乾く時間があるでしょうから、ブロッターとかも使ったんだろうなぁ・・・
CIMG4259.jpg

で、ありましたよ! 
「インキ壺へ必ス脱脂綿ヲ入レテ御使用下サイ」の注意書きが。
 必「ス」とか、くだ「サイ」とかいいですね~
CIMG4260.jpg

ペン先ですが、前回エントリの硝子ペンとは異なります。
でも、抜けるかと思って引っ張ってみましたが、やめました。
怖くて・・・(笑)

実はまだ使ってないのですが、ペン先を指先で触ると結構とんがってます。
やっぱりサンドペーパーで少し丸めたほうがいいのかな?

パイロットあたりのボトルインク(黒あたりいってみるか?)が
欲しくなってきました~

しかし、これをいただいた文具店さんの店主、全然教えてくれません
でしたが、使ったことなかったのかなぁ・・・
(まあ、何でこんなもの欲しがるのかっていうような目つきで
 見られていたので、それが原因かも  -笑-)
スポンサーサイト

COMMENT



2006-09-16-Sat-20:16
昔パイロットのボトルインクが何故か自宅にあった記憶があります。濃いブルーだったような気がいたしますが・・・メジャーだったのでしょうかね~??

2006-09-16-Sat-23:53
当時のパイロットのボトルインクは、パーマネントインクだったはずです。私の25年以上前に使っていたものはまだパーマネントインクで、残っていたのですが、怖くてインクを捨てました。捨ててから貴重なインクだった、と築いたのですが、排水溝に吸い込まれていきました。
竹軸抜けると思いますよ。のり付けなどしていないはずで、押し込んでいるだけでしょう。ただ下手をすると割れてしまいますので、現行のもので試した方が無難でしょうね。私は、軸の割れたものを凧糸で縛って使ったこともあります。若いくせになぜこんなこと知っているかというと、私は昔15年間くらい書道をしていました。ペン字も習っていたので、付けペンはよく使いました。

いいなーいいなー

2006-09-17-Sun-08:37
ガラスペンはあこがれです。東京出張でITOーYAさんで見て・・・
お手入れやインクの補充が大変みたいで、あこがれのまま・・・
いいないいなー 前の記事のペン先の替えが羨ましいです。ハイ

2006-09-17-Sun-23:16
>ニックさん、いつもどうも!
 そうですか?私も子供の頃、なぜかあったような気がします。
 昔、割り箸を削って、インクを付けてドラえもんとか書いてた
 ような・・・(笑)

>arch_proさん、ありがとうございます。
  恥ずかしながらパーマネントインクのことがわからずに
  ググって調べました。 万年筆で使わずとも、硝子ペン
  などで使うのは良いかもしれませんね。
  まだあるかどうか、私も文具店で探してみたくなりました。
  竹軸硝子ペンは、一回使ってみて、ペン先のガラスが
  悪くなったら抜いてみるのもいいですね。
  先日、すでに閉店した古い文具店がフリーマーケット??
  のようなことをしていて、付けペンの軸と付けペンが置いて
  あったことを思い出したので、またたずねて見たくなりました。
  まだありますように・・・

>mikiさん、どうも!
  軸は、無かったと思うのですが前回エントリの硝子ペンの
  箱がまだ少しあったような気がしますから、また見てきますね。
  硝子ペンが、手入れが大変だとは思いませんでしたので
  伊東屋のサイト見に行ってきます~

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。